ロニテン



Google  
tomocci.comへ
あいのり横粂の正体
和田アキ子の帰化日
中田宏鄭宏愛人スキャンダル
ジャニー喜多川
顔写真
とくダネ!オヅラさん
本番でカツラ脱げた!
告発サイト tomocci掲示板

中田(鄭)宏愛人奈々との情交

殉也(北川悠仁)を愛する昴(成宮寛貴)は・・・やっぱりゲイだった。


  

成宮 寛貴
なりみや ひろき

本名  平宮 博重(ひろしげ)


1982年9月14日生まれ 東京都出身 血液型:A型

「禁断のオールヌード! 成宮寛貴の体に恋をする」

とりあえずゲイ・・・。
新宿区の牛込三中出身?・・・。

「週刊女性」「フライデー」に載った記事

・成宮の母親は彼の幼少時離婚、そして成宮が中学の時死亡。
 その後は弟と祖母と三人暮らし。
・中学の時家出して、新宿二丁目の売り専バーに入り浸る。
・二丁目で評判の美少年となり、パトロンを何人も抱える。
(この話は彼が売れる前から、同性愛板でも話題になっていた)
・ある芸能プロの社長に気に入られ、芸能界入り。

・成宮側は、二丁目にいた事実は認める。
・二丁目時代、「男と女のラブゲーム」を「男と男のラブ精子〜」
 と替え歌で歌うのが好きだった。
・と、ゲイである事は確実なのだが、女の子ファン向けに、雑誌等
 では必死に「女好き」である事をアピール。しかし撮影現場では
 オネエ言葉で喋る、共演者の男性にベタつく、などバレバレ。
 ごくせん出演の生徒達に「理想の女の子は?」と聞く雑誌の企画
 では 全員が「成宮君」と答えていた。暗黙の了解。
・二丁目では「やおや」とか「三蔵」に出入りしていた
ゲイバーでは「ひろしげ」と名乗っていた。

女性誌の「子どもを産んでみたい男性」、
「セックスしてみたい男性」アンケートではランキングのトップを総舐めにし、
女性から抜群の人気を得ている成宮寛貴(24)。ある意味男性の敵ともいえる存在だが、
実はバイセクシャルだということが判明している。

それは約10年前のこと…。
「成宮は中学生の時に母親を亡くし、弟と祖母の3人暮らしをしていたのですが、中学卒業前に家出。
新宿2丁目の“売り専バー”で住み込みで働いていたんです。
当時から成宮の美少年振りは有名で、何人もの常連客を抱える、超売れっ子でした。
その時の源氏名は『ひろしげ』で、『男と女のラブゲーム』の替え歌で、
『男と男のラブ精子〜』というのが持ち歌でしたよ」(新宿2丁目の常連客)
成宮は、その後女優のかたせ梨乃に気に入られ芸能界入り。
「それでも、新宿2丁目が大好きだったようで、芸能界入り後も2丁目界隈でよく遊んでました。
もちろんゲイ仲間も大勢いましたからね。何といっても抜群のルックスですから、
まるで信者のようなゲイ仲間もいたほどです」(前出・常連客)


そんな成宮。撮影現場では男性俳優が大好き。
オネエ言葉ですり寄る痛い現場がよく目撃されている。
「まぁ、このギョーカイはホモが多いっていうのは、もう一般常識レベルになっていますから、
いまさら驚くような話でもないんでしょうが、やっぱり“ノンケ”な人にはちょっと異常です。

だって男と男がトイレでイチャついてたりするんですから、ビックリしますよね」(映画撮影スタッフ)
ちなみにそんな成宮が芸能界で仲がいいのはSMAPの稲垣吾郎とジャニーズJr.の生田斗真。
何やらバラの香りを感じるのは記者の思い過ごしか?

さて、そんな発展家の成宮が先日、本拠地の新宿2丁目で、
大乱闘をしていた現場が目撃されている。
「どうやら、成宮は昔のゲイ仲間と縁を切りたがっているみたいでした。
ゲイと思われる男性が成宮に『売れっ子になったからって冷たくしなくてもいいじゃない〜』
と激しいオネエ言葉で叫びながら、成宮に抱きつこうとしたんです。

そしたら、成宮がその男をボコ殴り。それを助けようと、
仲間のゲイも参戦して、それは凄い乱闘でした」(飲食店経営者)
警察が来る前に、乱闘は終了。そのため公になることはなかったという。
まぁ、いつマスコミに情報をリークするかもしれない一般人と付き合うよりは、
人材豊富な芸能界で、お相手を探すほうが無難ということか。
それにしても、女性からも男性からも「エッチしたい」と言われる成宮の魅力。
彼のクローンを作れば、少子化問題も一発で解消!?


溝端淳平ゲイ疑惑浮上?!彼氏は岡田将生?

2丁目系の著名人 一部みたい・・両刀も含んでます(; ´Д`)

浅倉大介、久保田としのぶ、成宮寛貴、ハイド、堂本剛、千葉涼平、槙原敬之
石井竜也、平井堅、ガクト、川端要、玉山鉄二、加藤成亮、滝沢秀明、伊藤英明
竹ノ内豊、氷川きよし、カバちゃん、岡田准一、二宮和也、桜井翔、阿部
織田裕二、三上博史、風間トオル、松平健、タモリ、宮本亜門、山咲トオル
美木良介、川野太郎、酒井政利、松村雄基、鶴見辰吾、中上雅巳、平幹二朗、大沢たかお
大江千里、福岡翼、中曽根康弘、中田英寿、今井翼、山本太郎、萩原健一、室田日出男 
フローラン・ダバディ、ジャニー喜多川、堂珍善邦、山川豊、堂本光一
貴水博之、デビット伊東、藤木直人、西川貴教、東山紀之、美川憲一
ミスターちん、美輪明宏、松本光平、西川隆宏、高見沢俊彦、ゴリ、及川光博
宍戸開、土屋レオ、荒井健一、袴田吉彦、中土居ヒロキ、金子恭平、和田毅
橘慶太、緒方龍一、金子恭平、谷内伸也、古屋敬多、SHINOBU、松本潤、相葉雅紀
中居正弘、草なぎ剛、三宅健、山下智久、小山慶一郎、加藤成亮、伊ノ原快彦
八乙女光、薮宏太、赤西仁、亀梨和也、上原浩治、二岡智宏、井川慶、多田野数人
引地洋輔、彦磨呂、山口達也、鍵元輝、伊崎兄弟、五関晃一、町田新吾、太田光
藤井隆、南こうせつ、猪野学、 窪塚洋介、竹中直人、草野正宗、小栗旬、石垣佑磨
オレンジレンジ、EXILE、江頭2:50、金子貴俊



腰痛や肩こり、背中の痛み、外反母趾、などの痛みでお困りではないですか?
日本の整形外科が誇る最新の関節レベルの治療法でお応えします。
AKA(関節運動学的アプローチ)。痛み除去の切れ味が違います。
是非、お試しください。







殉也(北川悠仁)を愛する昴(成宮寛貴)は・・・やっぱりゲイだった。









2人に囁かれたのは、友達の輪ならぬ「ホモダチの輪」疑惑だった。
成宮がお友達として紹介したのが、出演ドラマ『ハチミツとクローバー』主題歌を歌う平井堅だった。
スタジオのモニターに映った平井堅の顔写真に、「あっ、かっこいいですね」と漏らした成宮は、
平井堅とのこんな因縁も紹介した。「たまに道を歩いていると、ばったり会うんですよ」
「確かによく、ゲイだと噂されますが、違います。普通の男ですよ。
2丁目にも10年以上前に興味本位で1,2回行っただけ」平井堅の所属事務所はそう説明するが

「最近はともかく『大きな古時計』が国民的になる前には、
平井堅は2丁目でよく目撃されていた」芸能記者が反論する。
一方の成宮もドラマ『ごくせん』で脚光を浴びた直後、15〜17歳頃に2丁目に入り浸っていたことを告白。
同棲相手の男性が女性誌に関係を告白したこともある。ゲイバーのママがいう。
「成宮は2丁目では有名だったわよ。当時から可愛かったから何人もパトロンがいた。
だから、売り専バーで働く必要はなかったの」(引用:週刊新潮)


最近ゲイの若手俳優が多くなった件… 小池徹平中村優一山本裕典佐藤健溝端淳平

小池 徹平(こいけ てっぺい)
1986年1月5日生まれ/21歳/大阪出身/B型
http://www.rohto.co.jp/nikibi/acnes/index.htm
中村 優一(なかむら ゆういち)
1987年10月8日生まれ/20歳/神奈川出身/O型
http://blog.watanabepro.co.jp/nakamurayuichi/
山本 裕典(やまもと ゆうすけ)
1988年1月19日生まれ/19歳/愛知出身/A型
http://www.yusukefc.com/blog/?y=2007&m=08
佐藤 健 (さとう たける)
1989年03月21日生まれ/18歳/埼玉県出身/A型
http://yaplog.jp/takeru-s/
溝端 淳平(みぞばた じゅんぺい)
1989年6月14日生まれ/18歳/和歌山出身/A型
http://www.mizobatajunpei.com/blog/?y=2007&m=07


論壇より
汚職の元八千代市長の前代未聞の享楽の顛末
(平成18年03月10日) 投稿者:  道頓堀川 怪人 (あやひと)

 平成18年3月初旬のある日の夜。 初老の男性が密かな趣味を楽しむため男町新宿2丁目の売専バーのドアを開いた。

「誰かいい子いないかしら。」 と言う軽いノリでカウンターに並ぶ少年達を物食しているとボックス席から彼に向かって会釈している同年輩の紳士がいた。 初老の男性は相手に気付くと息が止まるほど驚愕した。

思わず 「大沢さん! 大変ヨ、ど、どーしたのヨ!」 と意味にならない声を発した。 大沢と呼ばれた男性は 「出所! 出所したんだよ。」 と現在の身の上を語った。

大沢とは平成14年11月27日に千葉県警にゴミ焼却処理施設の管理契約を巡る収賄の疑いで逮捕された当時現職の八千代市長大沢一治 (58) 本人である。 逮捕当時、全国紙や一部週刊誌に収賄資金を元手に新宿2丁目で男遊びに熱中したスキャンダルを暴露されて地方都市の市長から一躍全国区に躍り出た渦中の人物である。

突然の再会を果たした初老の男性と大沢の関係は高級バー 「サテリコン」 を通じた常連客としての知己である。 この 「サテリコン」 こそが大沢元市長の収賄事件の核心であり有名芸能人を巻き込むスキャンダルの舞台であった事は報道されざる事実である。

しかし大沢逮捕後 「サテリコン」 は経営難で閉店が決まり、直後の経営者斎藤正巳ママ (享年55歳) の投身自殺 (平成15年2月10日) で幕引きとなる。 この事情を斎藤ママの面倒を見ていた新宿2丁目の実力者は次のように語る。

「斎藤さんは何十年も水商売に携わっているのに経営が下手で酒癖も悪かったんです。 少人数の常連さんで回していたんですよ。 大沢さんが毎月40万円ぐらい落としていったのでやっていけたんですね。 大沢さんが逮捕されて経営が破綻したんです。 大沢さんの事を神様みたいな人と呼んでいました。 大沢さんの存在が文字通り命だったのです。」 と大沢との因果関係を明らかにした。

「サテリコン」 の経営は収賄資金の続く限りの構図だったのである。 そして 「サテリコン」 に出入りしていた別の事情通は 「斎藤さんの葬式が落合の斎場で簡素に執り行われたんですが、美川憲一さんとか山咲トオルさんとかゲイを売り物にする芸能人以外にも数名の若い無名の芸能人が参列していました。 斎藤さんの店は芸能界と関係があったのです。 サテリコンのシステムは2丁目他の売専バーと違って芸能人のタマゴが若い肉体を提供する特別のサービスで有名でした。 現在テレビドラマとかで活躍している伊藤英明(29)とか加藤晴彦(29)、松方弘樹の息子の仁科克基(24)や永井大もいました。 大沢さんは特に伊藤と加藤の2人の容貌と肉体に惚れ込み相当入れあげていたようですが、2人が芸能界で有名になると最近は相手にもしてくれないとぼやいていたのを記憶しています。 でも伊藤英明は大沢さんに恩義を感じているのか最近まで呼び出しに応じていたようです。」 と核心部分を暴露する。

伊藤英明と加藤晴彦の姿は 「サテリコン」 の店内以外にも見かけられている。 そして伊藤英明はゲイバー 「ベェスパ」、加藤晴彦は 「新幹線」 の常連であると言う証言もある。

ゲイバー 「ベェスパ」 で伊藤英明に出会った若い男性が伊藤に男の趣味があるかどうか質したところ伊藤に 「僕はゲイ能人? 芸能人? かな。」 とかわされたと言う話もある。

伊藤英明の周囲には恐ろしい話がある。 「伊藤英明を大沢元市長に紹介した芸能人塩谷将吾が平成14年の5月に澁谷道玄坂のビルから投身自殺しているんですよ。 彼が収入のない若い芸能プロ所属の少年達を大沢に斡旋していたのです。 塩谷将吾は伊藤英明とは大変親しくて訃報を知った伊藤が静養先のハワイから予定を中止して駆け付けたほどです。 六本木のベルファーレで行われた塩谷将吾のお別れ会は伊藤英明の主催でした。 自殺の原因は不明です。 飛び下りたビルから15メートルも離れた場所に落下したので他殺の噂もありましたが、元来アクションスター出身ですからジャンプしたのでしょう。」 と裏事情を証言する。

そして最も奥深い部分について 「平成14年の終わり頃から翌15年の初めにかけて大事件がありました。 大沢の要望で塩谷将吾が芸能人志望の少年を都内のホテルに待機させていたのに大沢がスッポかしたのです。 このトラブルに激怒した塩谷将吾が大沢の男趣味を世間に暴露すると強迫に転じたのです。 多額の金銭を要求し来ました。 当時斎藤ママが大沢が塩谷将吾に強迫されて大変だと周囲に相談していました。 このトラブルがどのように解決したかは知りませんが3〜4ヶ月後に塩谷将吾が自殺すると斎藤ママは 『塩谷将吾は40も近いし、芸能人としての限界を感じたんじゃないの』 とそっけなく語りトラブルの顛末については一切口を噤んでしまったのです。」 とおぞましい男色スキャンダルを語る。

最後に2丁目の関係者はこう総括する 「結局 『サテリコン』 の斎藤さんは大沢に良いように利用されていただけなんです。 芸能界からの売春ルートは大沢のコネクションで斎藤さんは任されていただけなんです。 でも、大沢が飽きた芸能人を他の顧客の客に斡旋したり、仁科克基なんか自分の愛人として貢いでみたり、カネに苦しくなると大沢からせびったりオイシイ思いもしたんですが、大沢と運命共同体となった事が同時に破滅に繋がったんです。」 と全ては大沢個人の堕落かつ危険な遊びであると看破する。

平成15年の暮れ頃から2審の判決も近いと言うストレスからなのか夜の新宿2丁目で男遊びに興ずる大沢の姿が目撃されている。 彼の享楽の前後に2人の自殺者と自身の逮捕、政治生命の喪失、そして何よりも八千代市民への裏切りと言う厳然たる事実がある。

そして平成16年の2月9日斉藤ママの一周忌の前日に東京高裁で二審の判決が大沢一治に下った。 2年6ヶ月の懲役と追徴金4千6百万円である。 自身の享楽のツケとしてはあまりにも軽い判決であった。

2年間の刑務所暮らしから仮釈放された大沢一治は性懲りもなく新宿2丁目で男色活動を再開し始めた。 この人物には一顧の反省もないようだ。 汚辱にまみれた八千代市民にこのスキャンダルの全貌を捧げる。